バリ旅行で必見の観光スポット3選

バリ島に美しいビーチの他にバリ旅行で必見のスポットが多くあります。訪れるべきバリ島の魅力的なスポット3選を紹介します。

  1. バトゥール山に日の出は必見

日の出が早いので、日が出る前に山の上に着くために3時ごろ頑張って早起きしなければなりませんが、素敵な景色が眺めます。美しい紫色の星空が、暖かいオレンジ色に染められてくるラベンダーの空に変わってくるのを楽しめます。空際から光が漏れて、日が高くなると幻想的な雲海が回りに広がってきて、まるで夢のような経験です。雲海の上で立ちながら眩しい日差しに照らされ、体全体が感動に包まれる経験でしょう。ここは結構寒いので、ジャケットを忘れないようにお持ちください。

  1. アグン・ライ美術館(アルマ)で夕焼けのときに素敵なアートを楽しむ

ウブドにあるアルマ美術館はバリで一番美しいミュージアムとは言えませんが、一番素晴らしい美術館の一つに間違いありません。ここで展示されているアートが数多くあります。ドイツの画家のヴァルター・シュピース画伯やジャワの19世紀の芸術家のラデンサレー画伯やインドネシアのクラシック画家などの幅広い範囲の画絵があります。例えばレンパッド画伯やアファンディ画伯やル・メイヨール画伯などです。ここで様々なウォークショップとバリ舞踊クラスをやっています。そして、アルマ美術館でバリ人の生き方のそのものを反映されているパフォーマンスも楽しめます。ウォークショップは日が沈むときに美しい日焼けの空をバックで行われていますので、バリの自然の中の色と静寂と平静の融合しているのを心身で楽しめます。

  1. テガララン・ライステラス

ここは他のリストに負けないぐらい美しいスポット。広いライステラスがまるで楽園の一つの風景のようです。この完璧に作られているテラスは「あっ、行ってみたい」な場所のリストの一つになります。山の丘を登るとどこでも果てしなく続く棚田、ココナツ林、キラキラ輝いている日差しを映した水田の美しい眺めを楽します。他の所より、テガラランの空気も涼しいです。しかし、この村は観光スポットになっていますので、写真を撮るのにここの農家にお金を支払わないといけないときもあります。値段が決まっているわけではないので、高すぎると思ったら交渉してください。

もちろん、バリ旅行で必見の観光スポットが他にまだ多くありますが、この三つのスポットをバリ旅行の日程に入れたらどうでしょうか。